2018年8月14日火曜日

「サキの國」PV完成!

先日の「サキの國」動画です。
ご覧ください!

・森弘一郎(パフォーミングアーティスト)    ・山井綱雄(金春流シテ方能楽師)
・おおたか静流(シンガー&ヴォイスアーティスト)・松尾慧(横笛)
・クリストファー ハーディ(パーカッション)   ・四戸弘幸(ベース)

     ・制作 久良岐能舞台 (株)シグマコミュニケーションズ






2018年8月13日月曜日

9月2日 チョット賑やかな能装束展!

絵画の個展に行く感覚で…

和楽器のライブ賑やかです…
12:30〜 14:30〜(予定)

茶の湯も楽しめます…

京都・鎌倉に行かなくても近場で…

入場無料。※茶の湯は500円 美味しい和菓子付き

日本文化を楽しみにお越しください!

2018年8月12日日曜日

9月9日 磯子公会堂とコラボ!

ご縁で磯子公会堂とのコラボです。
いつの日にか皆さんに久良岐能舞台を気にかけていただけることを楽しみに〜
久良岐能舞台は サ バ イ バ ル しております。

2018年7月24日火曜日

「サキの國」へ行きました!

久良岐能舞台 特別公演「サキの国」無事終了しました。
ゼロから始めたこのプロジェクト、森氏のパフォーマンス、
山井氏の能楽、音楽を強化するためKURAKI音楽ユニットに
ベース奏者を加え、その三点を久良岐能舞台という台紙で組み立てる
パズルです。ジグゾーパズルのような完成図はありません!
並べるだけでは面白くない、三つが壁を外して絡みながら
うねうねと得体の知れない、今までの表現では収まらないかも知れない
ものになるのか?

最初はタイトル通りサキの國というかかすかに完成の光は感じるのですが
見えません!

出演者とのコミュニケーション、各々の無限の力量、関係スタッフの
制作への思いなどを感じながらこだわりを持って点と点が徐々に
線になってきました。円になればいいなぁ〜という思いです。

一つの例が能楽師の付ける面も従来のものでは強すぎて
古典のイメージが取り払えません。扇もそうです。
森氏のデザインの元、現代のものに作り変えました。
そういうパーツにも気を使い進めてまいりました。

そして、出演者、スタッフのワクワク感がリハーサルの時点で
だんだん大きくなり本番で皆様にお見せすることができました。

大変好評に終わったと思います(?)

やってみて一つ気がついたのですが、今回ストーリーの中の「現動」
役、金春流シテ方能楽師 山井綱雄氏の新しい面と扇の
姿は存在感があり、俗にいうカッコいい姿です。

こういうものを見た若い人が能楽に興味を持ってくれるかも知れない!
と思いました。このプロジェクトが「サキの國」かも知れません。

ご来場くださいました皆様、出演者の皆様、サポートしてきたスタッフの
皆様、心より感謝とお礼を申し上げます。

ありがとうございました。



2018年7月15日日曜日

暑〜い!

毎年、当たり前だけど今日は暑い!
トラちゃん、冬も夏も同じ毛皮で暑いよね〜
骨抜きでダラ〜としております。
元気は元気です!

テーマのない最近のトラちゃんでした。



2018年6月28日木曜日

「サキの國」は完売になりました。

いつもは久良岐能舞台の知名度でしょうか?アクセスでしょうか?
イベント内容でしょうか?チケット販売に苦労しています。

今回は売れ行きが好調で職員共々喜んでおりました。
しかし、本公演までにまだ期間があり少しでも興味を持って頂いた方に
見ていただけるように客席を増やすなり努力をしております。

しかし、客船ではありませんがもともと小さな場所で多少窮屈な思いを
おかけするかもしれませんが、これ以上の受け入れは難しくなりました。
これから、このイベントをお知りになりお問い合わせいただいても
お断りするかと思います。

正直、チケット完売以上にご希望にお答えできない気持ちの方が強く感じます。
大変、申し訳ございませんがご理解の程よろしくお願い申し上げます。

                  久良岐能舞台 館長 川井康裕

2018年6月22日金曜日

「サキの國」SOLD OUT 間近!

ナ・な・NA なんて事でしょう!

まだイベントまで1ヶ月もあるのにSOLD OUTは時間の問題です。
少しでも多くの人に見ていただければと思い客席を工夫しているのですが
もし、お席が確保できない場合はどうかご勘弁のほどよろしくお願いいたします。

チラシを前代未聞の3種類作ったせいでしょうか?

いや、内容は面白いです!

これが3番めのチラシです!