2018年5月16日水曜日

能楽「海霊」の奉納

第2次大戦で軍に徴用されて犠牲になった戦没船員や、戦後の海難事故で亡くなった
殉職船員6万人余を慰霊する「第48回戦没殉職船員追悼式」が15日、横須賀市観音崎
公園内の「戦没船員の碑」前で開かれました。

毎年の追悼式には、欠かさず能楽「海霊」が奉納されております。
この能楽は、久良岐能舞台の創設者宮越賢治氏(大連汽船船長)が、御霊の鎮魂と
その功績をいつの世までも伝えるために作詞され、25世観世左近元正師が作曲した
ものです。 宮越氏生存中は、自らシテを演じて奉納されておりましたが、他界された
後は観世一門の皆さんによって奉納されております。

最初は少し肌寒い感じがしておりましたが、海の見える場所での横須賀音楽隊の演奏は
大変心地良く、次第に鳥や周りの音も賑やかになり、最後の能楽奉納の頃は海で眠っている
人たちの魂にほんの少し近づいた気がしました。
いい追悼式でした。

2018年5月12日土曜日

能楽体験大会行いました

今回は第一部が先生方のプロのパフォーマンスを見せていただきました。
そして、第二部は7つのコーナーに分かれて車座になり先生を囲んでの
お話です。20分の内容で3回やります。お一人好きなコーナーに3つ
行くことができます。
夏祭りの出店のような感じで賑やかな大会になりました。
それにしても久良岐に来て見える先生方は協力的で感謝感謝!です。







2018年5月7日月曜日

村 先生,BRAVO!

先日、日舞の「素敵なお話と優雅な舞」のイベントを
おこないました。お天気も良く多くの方にお越しいただき
賑やかな会になりました。

日本舞踊講座の主任講師でもあります村尚也先生のお話は
仕草・お色気など知識が豊富で大変面白く雑学を超えた文化論でした。
また、後半は村先生が主催する「おどりの空間」の先生方による
パフォーマンスでした。

そして、トリをやられた村先生の演目曲「河内おとこ節」の踊りは
久良岐能舞台100年の老松を背景に迫力のある踊りで舞台全体に
魂が入った気がして、素晴らしいパフォーマンスを見せていただきました。

ブラボー!



2018年4月21日土曜日

7月22日はおもしろい!

7月22日(日)は久良岐能舞台一大イベントです!

海外で活躍されていますパフォーミングアーティストの
「森弘一郎」さん!そして、金春流シテ方能楽師「山井綱雄」さん、
異次元の二人が同じ舞台で踊り・舞をします。他にシンガー・
ヴォイスアーティストの「おおたか静流」さんが山井さんの謡
(うたい)に参加するなど新しい試みを行います。
これはただの一発セッションではなく出演者・スタッフがストーリーを
持った お も し ろ い ものをやりたい!という想いで
複雑なパズルを作り始めました。先日、ようやくそのパズルの先が
見えてきました。(笑)

ストーリーは浦島太郎のその後〜をモチーフに彼はどうなったんだろう?
森弘一郎さんが海外で経験したコミュニケーションの大切さを重ね合わせて
物語は進んで行きます。途中、過去と現世の狭間から能楽師の山井さんが
登場します。そして、森さんと山井さんの絡みなどなど…
セリフはありません!パフォーマンスと音楽だけです。

音楽は先日KURAKIスペシャルコンサートで素晴らしい演奏をしました
横笛の「松尾慧」さん、パーカッションの「クリス」さん。そして、今回は
ニューヨークから作曲・ベーシストの「シド」さんが参加します。
サウンドが強化され音楽だけでも見応え、聞き応え満点です。
マジシャンの「雷人」さんも加わりました。

ゼロから作る久良岐能舞台自主事業です。
出演者・スタッフ一同楽しみにしております。

また、進み具合を報告いたします。

一緒にお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。


仮のチラシ

2018年4月11日水曜日

KURAKIスペシャルコンサート大盛況でした!

先日おこなわれましたKURAKIスペシャルコンサートは
多くのお客様にお越しいただきました。
子供から年配の方まで幅広い客層でした。

内容は子供向け、大人向け、専門の分野ではなく、
誰でも自然と入り込めたのではないかと思います。

ゲストの森弘一郎さんはとてもユニークな表現で
コンサートをより一層楽しくさせてくれました。

「百聞は一見にしかず」で動画をご覧ください!

2018年4月4日水曜日

8日、もうすぐKURAKIコンサートです!

《リハーサル風景》

KURAKIコンサートの本番が近づいてきました。
このコンサートはすでに出来上がったものを能舞台で
演奏するのではなく、ゼロから作り上げております。

お知らせ等にもありますようにこの久良岐能舞台は
音楽に縁が深く、今までに数多くの人間国宝が生まれました。
舞台も今年で生誕100年です。
それなりの不思議な力があるのかも知れません!

今回は三人の角界で活躍しています人々が集まり、相談して
リハーサルが進んでおります。ミュージシャンというより
アーティスト感覚が素晴らしく、能舞台から受けるイメージを
大切にしてクリエイティブな作業に取り組んでおります。
横笛と打楽器と歌…非常にシンプルな組み合わせです。
西洋音楽の和音を出す楽器もなく、この三人で色々な世界を作っております。
どんどん面白くなってきました!

そして、数日後にはデンマーク・ヨーロッパで活躍されています
パフォミーングアーティストの森弘一郎さんがリハーサルに参加します。
意識はしていませんがお囃子と仕舞に少し似ているかも知れません!
出演者・関係者全員、楽しんで創作しております。

久良岐能舞台ならではのコンサートです。
みなさま是非お越しになられて、4月8日楽しい時間を共有していただけたら
嬉しく思います。

2018年3月31日土曜日

タヌキのポン!より僕でしょう…

トラちゃん情報

トラちゃんで〜す!ご無沙汰です。
すっかり暖かくなり、ちょいとグルーミング、オ!失礼!
そのあとは新しい縁台で“招き猫業務”!
いやいやただ乗っかってるだけでした。