2019年6月14日金曜日

「サキの國」は1ヶ月後です

「サキの國」を少しでも面白く!
クリエイトな作品づくりも人間社会と同じように色々な考えがあります。
エンターテイメント、アート感覚!、人に感動を...などなど色々あります。
色々思ってもいいんです!面白くなれば...軽そうな言葉ですが面白くなるから
エネルギーが出てきます!そのヒントは演出家・出演者・スタッフ・関係者...
どこからでも湧いてきます。なんちゃって!(笑)

鏡板を使った黒子のリハーサル風景です!

7月13日(土)14時より磯子公会堂で...是非お越しください。




2019年6月7日金曜日

6月23日 見所満載!

能楽入門ワークショップ!
ワークショップと言いながらも内容は面白いです。
久良岐能舞台の先生方、他所ではなかなか叶わない出物?を
考えていただいております。お越しくださ〜い!

・舞囃子「小袖曽我」  
父の仇討ちに向かうため、今生の別れを告げに母のもとを訪れる兄弟。勘当されながらも同行する弟をとりなす兄の訴えが、頑なな母の心を解きます。最期の喜びの舞を舞う兄弟を、山井綱雄師(金春流)、和久荘太郎師(宝生流)が舞います!。

・独鼓 「勧進帳」
「その時笈の中よりも 巻物一巻とり出し」
皆さまご存知の、弁慶物の最もスリリングなくだりを、山井綱雄師と大鼓・大倉栄太郎師(大倉流)との掛け合いでじっくりとお楽しみください。

・独調「玉の段」
子のため、母は命を投げうって海底へ玉を奪い返しに向かいます。八龍並みいる玉塔から奪った玉を、とっさに掻き切った乳房の下に押し込め・・・ドラマチックな謡は、聞く者を別世界に誘います!
謡を和久荘太郎師、小鼓は森貴史師(幸流)です。


夏のひと時…

久良岐の紫陽花です。

夏が始まりました!

















2019年6月6日木曜日

「4歳からの能楽」はじまりました!

どこかの音楽教室のタイトルでもないんですけど
「4歳からの能楽」です。
ちょうど、初日は学校の運動会などと重なり
少し参加者が少なかったのですが
とてもいい感じでした。
庭園、能舞台、畳の大広間(見所)と全てが
落ち着いた優美な空間でのクラスです。
講師の山井先生(金春流シテ方能楽師)の素敵な
教えの元、保護者の皆さんも交えての能楽でした。
次回、6月22日は多くの生徒さんが見えるので楽しみです。

※今からでも参加は可能です。お問い合わせください!
















2019年5月15日水曜日

能楽「海霊」の奉納

第2次大戦で軍に徴用されて犠牲になった戦没船員や、戦後の海難事故で亡くなった
殉職船員6万人余を慰霊する「第49回戦没殉職船員追悼式」が15日、横須賀市観音崎
公園内の「戦没船員の碑」前で開かれました。

はじまりは真夏のような炎天下でしたが能楽「海霊」の奉納時は雨になりました。
この不思議な天気の中で、亡くなられた方の気持ちを思うと本当に微力ですが
能楽を通してこれから習う小さな子供達に禅からくる人を思いやるDNAを磨いて
日本人の品格を育んでいければと思います。
No more War

日本舞踊早わかり公演 超大満員!

今回は生の音楽でのパフォーマンス!
義太夫・端唄・三味線・囃子とやはり生の音楽で
舞う姿はいいものですね!
そして村先生のトークと素晴らしい舞台になりました。
お客様も130名を超える大入り!

あとは習いに来る生徒さんを待つだけ!...お〜ぃ!どうした?(笑)









 

2019年5月2日木曜日

KURAKIスペシャルコンサート2

昨年に続きKURAKIスペシャルコンサートは2回目です。
今回は新しくベースとペダル・スティール・ギターが加わり
音楽的に奥行きが出て面白くなりました。
お客様からも「能楽以外で素晴らしい能舞台でのパフォーマンス!」
とも言って頂きました。
ゲストの森弘一郎さんと駒沢さんとのデュオはやさしく不思議な世界でした。

このKURAKIメンバーと森さん、そして金春流シテ方能楽師の山井綱雄さんが加わって
7/13日に磯子公会堂のホールで「サキの國」と言う今までに類のないミュージカルを
上演します。映像作家の佐々木成明さんも加わって面白い舞台になるかと思います。
是非皆様のご来場をお待ちしております。 ⭐︎チケット絶賛発売中!  045(761)3854



🎵KURAKI
おおたか静流(歌・ヴォイスアート)、松尾慧(横笛)、八尋洋一(ベース)、
クリストファー・ハーディ(パーカッション)、駒沢裕城(ペダル・スティール・ギター)

森弘一郎(パフォーミング・アーティスト)

Yukiko Ishii(スタイリスト)









2019年3月28日木曜日

久良岐より愛を込めて〜

昔、どこかの映画のタイトルみたいですが〜
先日あるTV番組で日本もグローバル化が進み世界と同じになってきました!
そして日本人の品格がなくなった!何!・Na・「品格」なんの事…?
しかし、阪神・東日本大震災で海外から支援をすると
「私達はいいから他に困っている人がいるから〜どうぞ!」
という態度に世界中の人が大変驚いたそうです!
こういうことができる人種は日本人しかいないそうです!(嬉しいのやら…)
で、良かった!まだ日本には品格が残っていた!と言っていました

その品格というのはどうも昔から能、歌舞伎、日舞、華道、茶道、柔道etc
の中に作り上げてきたDNAがあるような気がします

そこで久良岐ではこれからの子供達に愛を込めて日本の心の入り口を見せたい!!

「4歳からの能楽」
お子様と一緒に日本の心と礼儀作法を学びませんか?

ご参加くださ〜い!

ちょっとカタかったかなぁ〜!

2019年3月19日火曜日

最古の喜劇を最高の演者で!

17日の日曜日、春めいたお天気の中

第11回久良岐狂言会を行ないました。

演者は人間国宝の「野村萬」先生ほか野村家の錚々たるメンバー!

チケットは既に完売!!ご購入できなかった皆様には、本当に申し訳ありません!

終演後、萬先生は久良岐の鏡板の老松を懐かしそうにご覧になられていました。

この老松は100年前に平福百穂(ひらふくひゃくすい)画伯が描かれたものです。

昔、若い頃(この舞台は東京駿河台にありました。)稽古が厳しく舞台の前でよく寝泊まりされたそうです。

先生から当時のお話を聞くと何か嬉しくなりました!!!







2019年3月7日木曜日

トラちゃん情報!

情報!なんちゃって、別に何も変わりはありません!

夕方4時になると夕食タイムで多少騒いでおります!

タダメシ食べている訳じゃありませんヨ!

毎日仕事「招き猫、業務」しておりますよ!

フレックスタイムですが…





2019年2月10日日曜日

竹灯篭完成記念の会

2/5日、その日に向けて年明けからスタッフ全員で竹灯篭作りです
最後の1週間は電気の配線(400mあります)、穴あけと体はバラバラ!(笑)
そして、前日の夜 灯を灯したら〜もう!これは予想以上の幻想的な世界! やりました〜!
灯篭の数は全部で108本! 何かが…? なんちゃって(笑)

そして、当日多くの皆さんに来ていただきました
外では甘酒のオッチャン!(スタッフ) 中ではお菓子と抹茶
お茶でのおもてなしを心から愛している表千家の「一木貴美代」先生と生徒の皆さんに手伝っていただきました
中からみる庭園もいい感じです

そして、久良岐に縁のあるアーティストの皆さんに来ていただき
リハーサルなしでその場の空気を読んでパフォーマンスを見せてくれました

せっかくですのでちょっと紹介します

最初に「おおたか静流」さん、「松尾慧」さん、「クリス」さん
そして、金春流シテ方能楽師の「山井綱雄」さん、「村岡聖美」さん
凄い!一瞬にして世界が変わりました  休憩しないと…
その後に久良岐能舞台で装束を使った新企画を発表しました! 
グラミー・アカデミー賞の世界で活躍されている衣装コーディネイトの「Yukiko Ishii」さん
も来ていただき、サポートして頂いています
内容は後ほど…お楽しみにして下さい
それに、能面作家の「岩崎久人」さんに自作の面を自ら掛けていただき
簡単なレクチャーまでしていただき、内容は盛り沢山!
最後にヨーロッパ・デンマークで活躍中の「森弘一郎」さん
デンマークから来て頂いた「マルダ・ウーステッド」さん、「渡辺由香」さん達のパフォーマンス

これからの久良岐能舞台をイメージするちょうどいい夜会でした

※写真提供:「デジフォト・風」の皆さん 2枚目より

















2019年1月30日水曜日

「葵上」満員御礼!大盛況!

なんて!言う見出しですが〜客席数がね!(笑)
それにしてもいい能公演でした。
久良岐の良さは間近で見る“かぶりつき!”そして、
“あたたかさ”(自分で言っちゃってます!)

今回は新しい試みをしました
葵上のあらすじを6つのシーンに分けてハンドブックを作りました
今どこの内容かをわかるようにめくり台に番号が表示されますので
そこを見る仕組みです!世の中ディスプレー、Padと普通にある時代に
手作りのアナログです。おまけに英文まで付けちゃいました!
外国の方はいなかったなぁ〜(笑)

興味のある方は少し残っておりますので事務所でお尋ねください
差し上げます

と、素敵な午後のひと時を楽しんでいただきました。









2019年1月8日火曜日

能舞台で宵の一時をお楽しみください!

職員一同で100本近くの竹灯籠を設置します。
幻想的な世界を地域の皆様に楽しんでいただき、
久良岐の名前を少しでも外にPRしたい思いで始めました。

当日は劇場公演「くるみ割り人形HIPHOPバージョン」でデンマーク最高峰の
劇場アワード Reumert Awardにおいて、「Reumert賞」「Copenhagen賞」
「Danish hiphop賞」の3部門を受賞。また、その芸術性の高さを認められ、
デンマーク女王から賛辞をおくられた「森弘一郎」氏。
その共演者でデンマークから来日しました「マルダ・ウーステッド」氏のパフォーマンス。
他、盛り沢山の内容です。

2019年1月1日火曜日

2019年 久良岐は進みます!


















今年も久良岐能舞台は前に進んで行きたいと思います。

《ちょっとイベント紹介》

・2/5 19時より「 竹灯篭完成の会」
外は幻想的な雰囲気で、内は特別にデンマークから森弘一郎さん、マルダさんのパフォーマンス、
他、お楽しみ等々 賑やかな会

・「四歳児からの能楽」講座開始
能楽の普及は真っ白な幼児にお行儀と能の謡を体験!将来能楽が自然に入り込むかも!
久良岐能舞台の広間(畳)と舞台を使っての環境は保護者と子供にはベストかと思います。

・7/13 14時より 「サキの國」再公演 決定! 場所:磯子公会堂
昨年、1ヶ月前にチケット完売になりました「サキの國」を広い場所で公演します。
出演者も前回のメンバー「おおたか静流」、「松尾 慧」、「クリストファー・ハーディ」に加え
新しく日本ポップス界のレジェンド(ユーミン、吉井和哉など数多くのアーティストとの共演)
ペダルスティールギターの「駒沢裕城」、最高のグルーブ感のベーシスト「八尋洋一」を加えて、
よりデープな音楽と金春流シテ方能楽師「山井綱雄」、そして「森弘一郎」のパフォーマンス、
複雑なパズルを展開いたします。   ※全て久良岐能舞台の制作です!!
 また、そのメンバーによる音楽だけのコンサート「KURAKIスペシャルコンサートII」は
4/27(土)14:00〜久良岐能舞台で行います。ゲスト:森弘一郎。是非、お越しください!

これからも色々楽しいことを進めてまいります。

皆様にとって良い一年を過ごされることを心より祈ります

本年も久良岐能舞台をよろしくお願いいたします。

2019年1月1日 久良岐能舞台 職員一同