2020年6月14日日曜日

最近はこんなことしていました

少しご無沙汰しておりました
最近は池の浄化やコロナ対策だけではなく
クリエイティブな活動を2つご案内します

(1)久良岐の紹介動画をご覧ください。
ホームページのリニューアルに備えてオープニングを動画で
紹介するために作成しました(編集・音楽はDIYです)

タイトル『オープニング新緑編』をクリックすると大きくご覧になれます





(2)「くらきShort Story  能」を発表します

      第一弾は「羽衣」

目的は初めての方、能をご覧になる方、若者にも楽しく親しんで貰える動画です
大胆な編集・漫画の吹き出しを使ったセリフ....18分の長さです
是非ご覧ください!

タイトル『くらきSS能羽衣』をクリックすると大きくご覧になれます








2020年5月19日火曜日

新しいレイアウト

そろそろ門を開けることに備えて...
お客様とスタッフの安全(新型コロナ飛沫感染!)のため
今までのレイアウトを


















みんなで...
新しくテーブルを作り、真ん中に受付スペースを作りました。
そして受付は全て事務所内の窓口で行います。
どうか皆様のご協力よろしくお願い致します。

2020年5月12日火曜日

滝の復元

久良岐には池が3つあります。
和室から見える上の池、舞台から見える中の池、そして門を入った
左側に太鼓橋が掛かっています下の池。3つの池はつながっております。
その源流になります汲み上げられた地下水が流れ出す水路(滝)が長年
地盤沈下等で水が流れず竹の筒を使用していましたが今回復元してみました。
ず〜と眺めていても飽きません!
水の流れはいいものです...

2020年4月14日火曜日

近頃の く・ら・き

新型コロナが蔓延るにつれ能舞台もイベント中止、ご利用も徐々に
制限を始めて皆さまとの接点が寂しくなりました。
では、我々は何をしているの?お尋ねもないと思いますので自ら告白します…

これはこれから発表します“なんちゃって装束!”の製作写真です。
一般の方が使える装束を作りました。なんちゃって!と申しましても以外と経費をかけております(笑)
9月6日の「能装束展」にはスペシャル発表会を予定しておりますのでお楽しみに!!!
二つのうち一つです!

























そして、池の水も少しずつきれいになってきました。
となりの久良岐公園からよくカモがペアで遊びにきます。
歩いては来ませんよ!🐾 🐾 🐾
浄化作業は続けております

























緊急事態宣言で門を閉じました!

竹灯篭作りやらいろいろやっております。

ただ、招き猫の「トラちゃん」誰も散策には来られません!
誰か来ないかニャ〜と門の方を眺めております!

どうしたんだろう?わかりません!
















落ち着きましたらまた久良岐能舞台にお越しください!

2020年4月5日日曜日

エ!そっちの方向〜!

そうです「おそうじラジコンかも」の登場です。

お掃除ロボット「ルンバ」ではありません...















久良岐の池をきれいにする第二弾はそっちの方向に行っちゃいました...(笑)
池に浮いている葉っぱなどを岸辺に集めるために考案しました。
網ですくうのは距離があるし、ラジコンボートで集めれば面白いカモから
こんな模型を見つけて中ほじくり返して作りました。

ちょっと、かわいそう...















さぁ〜試運転です。


2020年3月31日火曜日

なごり雪

歌の歌詞はなんか春なのにまだ心残りがあるような気持ちで...悪くはない気持ちです。
今年はそれを打ち砕いて不安を感じてしまいます。
たまには、正直な気持ちが出てしまいます。

でも、春の雪景色で眺めています!
“そのうちいい事あるあるサァ〜!”(笑)




















2020年3月30日月曜日

素晴らしい撮影がありました!

先日、NHKのEテレ番組「書にきく禅語」の撮影がありました。
書道家「石飛博光」さんと金春流シテ方能楽師「山井綱雄」さんのコラボです。
禅の教えを凝縮した言葉「無生死」意味は...
生まれるということもなく、死ぬということもなく生も死も一つ!と言うそうです。

石飛さんの“サーと”筆を動かす音、山井さんの能舞、撮影スタッフの番組への思い入れ...と
皆さんの気で久良岐能舞台は静かに異次元の空間になったような気がしました。
素晴らしかったです...

ウイルス感染など不安な状態の中、これは禅の流れでしょうか?お二人のコラボで
“生きている”という喜びを感じました。
 NHK番組ホームページより










2020年3月19日木曜日

池の水きれいに...

久良岐の自然環境の中で唯一残念なのは...池です。
昔から池の水が改善されていません!
理由は簡単水源が乏しい...一応間隔をおいて15分間、地下水が和室・茶室
前の池に汲み上げられます。そのまま水は反対側の舞台前の池に流れ込む
仕組みですが長年の地盤沈下で水は何処へ行くのやら?
工事をすると膨大な工事になるそうです...
ず〜と諦めていてもしょうがない!コロナでじ〜としていてもしょうがない!(笑)
ポンンプを使ってバイパスを作りました。いい感じ...
竹から流れ落ちる水の音は心地いい〜です!
これだけでは池がきれいになるのかどうなるのかはわかりません!
最初のアクションです!続けてチャレンジしま〜す。
散策の際にはご覧ください!
ただの竹から出てくる水です!(笑)




































あれから4日後、カモが来ました!






2020年3月10日火曜日

ラジオから元気になる話!

今朝、ラジオから面白い話を聞きました。
脳神経発明家・青砥瑞人(あおとみずと)さん
今回のコロナ感染ははわからないことが多いので不安になります。
ネガティブになりストレスが溜まります。
人間の脳の仕組みで捉えると、実は仕方がないことだそうです。

しかし、脳にはAIなどの過去のデータ学習とは違う別の希望探索を
担う部位(脳の最先端部分)があるそうです。
どう転ぶかわからないけどやってみよう!なんとかなるんじゃないの!という働きです。
これは使わないと失っちゃうそうです。日々動かしていると役に立つそうです。
ワクワク感・好奇心・希望はAIではできない能力です。
感染症のストレスでポジティブなものも無意識に抑え込まないで、なんとかなるんじゃないの〜という気持ちいてもいいんじゃないの〜新しい展開を切り開いていくでしょう....というお話でした。

「不確かさドリブンの探索機能」と呼ばれ、『RLPFC(吻側外側前頭前野)』といって解剖学的に見ると脳の最先端部分に当たるそうです。
難しい??? 希望が芽生える? そういうパーツがあるんだ〜!

少し元気になりました。シンプル!(笑)

2020年3月3日火曜日

8/1スペシャルコンサートは楽しみです!

新型コロナ感染症拡大で巷はイベント中止・中止と気持ちも下がっています。
かからないように気をつけるしかない!
しかしこの沈んだ気持ちは付き合いたくもありません!

先日、KURAKIスペシャルコンサートの出演者が集まりました。
能楽師「山井綱雄」さん、琴「中井智弥」さん、歌「いぢょんみ」さん、
笛「松尾慧」さん、初対面の挨拶から何を演奏しましょうか?と話が進み...
お互いの共通点からその先にある世界を想像してどんどん展開していきます。
人のこころ、歴史...と難しい話ではなく奥深い世界を垣間見たりと...
出演者の皆さん自身“楽しみだぁ〜”という感じです。
これは、面白い・凄い・心にしみるコンサートの予感がします。
コロナの先は不明ですが、このコンサートの先は明確です(笑)
開催したい熱い気持ちです!
8/1に延期して開催します!


2020年2月26日水曜日

3/14日 久良岐狂言会 中止です!

未来というのはわからないものです!(笑)
新型コロナ…みるみるうちに広がって来ました。
伝統芸能(芸術)は世の中が平和の時に楽しめます。

私達は民間企業ですが指定管理者というシステムで公共施設を運営しております。
今年の目標はお客様(市民)のためになることを第一に考えてやりましょう!とやっております。
昨日までは楽しみにされているお客様もいらっしゃるのでアルコール除菌とマスクでなんとか
行けるのではないか?と思っておりました。

昨晩、国の指針で自治体と一丸となってこの難を乗り切りましょう!
と発表され、これに従うわけではありませんが2週間先がみえません!

ただ、お客様のためにやっていて、お客様が困る可能性があるなら人を集めないほうが一番良い!
と判断して急遽本日、久良岐狂言会を中止しました。
出演の善竹家(富太郎)さんにもご理解を頂きました。

今回、楽しみにされていましたお客様には大変申し訳ありませんがご理解のほど
よろしくお願い申し上げます。今しばらくお待ちください。
早く、通常の世界になることを願っております。

尚、購入されたチケットは払戻いたします。


2020/2/26  久良岐能舞台 館長 川井康裕


2020年2月25日火曜日

水琴窟とトラ!

トラちゃん、お水あげているのにあまり減らない...
ここで飲んでいるんですね!
よく知っていますね!



2020年2月23日日曜日

蝋燭能やりま〜す!

今年の11月7日(土)能舞台の見所(客席)の窓を外して庭園の池の周りに
蝋燭をいっぱい並べて、杉の木の周りに煙を焚いて照明を工夫して幻想的な
世界を作ります。
イメージ
















演目は「六浦」、シテは金春流シテ方能楽師「村岡聖美」さん
もちろん、舞台は蝋燭で明暗を演出して久良岐能舞台はじめての
「蝋燭能」です。
イメージ














久良岐の特色を生かし、幻想的な世界を作るように頑張ります!

是非、是非お楽しみに...


2020年2月9日日曜日

日本の未来はWow Wow Wow Wow ♫~

なんて、歌っている訳ではありませんが...(笑)

よく伝統芸能で4歳から初舞台!というのを聞きます。
舞台に上がるというのは一般の人には中々機会がありません!
能舞台というのは神聖で何か気(魂)が漂ってる感じがしますが
近付き難いものではありません!マナー・敬意をもって上がれば誰でも
心良く受け入れてくれる気がします。何百年の歴史の深さがあります。

そこでの稽古もありますが、幼少の時からこの場所で時間を過ごすと
いうは森林浴ではありませんが脳・心に良い効果があると思います(笑)

そこで能楽師の先生の稽古は楽しく、集中してより気を高めてくれます。

この場所(環境)で礼儀作法はもとより禅から始まる日本人の品格を育めれば...

日本の未来はWow Wow  Wow  Wow ♫~  なんてね!

一度、「四さいからの能楽」ご覧ください!








2020年2月6日木曜日

♫もうすぐ春ですねぇ〜ちょいとひとり言!

年々季節感が弱くなる感じがしますが春は春!
これからの楽しいこと(イベント)をご紹介します...(予定)

・3/14 「狂言会」 善竹十郎さん!何とも言えない仕草が好きだなぁ〜

・4/25 「KURAKIスペシャルコンサート3」 出演者がすばらしい!

・5/10  「日舞早わかり公演」 生の音楽で素敵な日本舞踊をお見せします。
     女優 浅利香津代さんの朗読による踊りも予定

・6/6  「能楽入門」 講師の先生方の(謡・仕舞・囃子)素晴らしいパフォーマンスと
     楽しいワークショップ

・7/18   「子供フェスタ」 ザリガニ釣りして能舞台で涼みましょう!
     何かお店(無料)一つ出したいのですが....綿アメ?うまく作れない〜(笑)

・8/15  「久良岐ナイト」 お化け!庭園は生首ゴロゴロ...お経が流れ怖い怖い!
     舞台では怖い講談?琵琶法師?都市伝説?何にかなぁ〜?

・9/6  「能装束展」 茶の湯ありイベントあり日本文化のひと時をお楽しみください

・10/24 「くらき夜祭り」 能舞台なのに外の広場に能舞台を作っちゃいます
     地元町内会と一丸となり夜店も出ます 入場無料、多くの地域の人たちに
     素晴らしいアーティストが奏でる音楽で能楽師の高貴な女性の能舞を披露!
     装束と面の舞はどんどん素敵な女性に感じていただけると思います
     半端じゃない!こんないい女見たことない!ちょっと言葉が下品ですね...失礼!
     こんなところからでも能を知っていただけたらいいなぁ〜と思います

・11/7 「蝋燭能」 ろうそくの明かりだけで幻想的な能をおこないます。
     演目は六浦、シテは金春流シテ方能楽師 村岡聖美さん
     庭園は照明を工夫して能舞台全体を幻想的な世界にします

・11/29 「久良岐ワールド」 紅葉に合わせて茶の湯・クラシックコンサートです
     大河ドラマでお馴染みのNHK交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏!

まだまだ続きます...


     




2020年2月4日火曜日

KURAKIスペシャルコンサート3

今回で3回目になりましたKURAKIスペシャルコンサートです。
邦楽・洋楽とジャンルを問わず能舞台という空間での異色コラボです。
各界で活躍されている素晴らしいアーティストの皆さんは未曾有の世界を
見せてくれる気がします!

2020年2月1日土曜日

この写真、なんだぁ〜?












そうです、竹です...孟宗竹です。妄想タワケ(バカ)ではありません(笑)
いま乾燥させております。最近、雨の日が多いですが....
昨年作りました竹灯篭少しずつ風化し始めました。












全部ではありませんが2月はリニューアルで入れ替えます!
314日の狂言会には間に合うかと思いますので
お楽しみに....


2020年1月19日日曜日

橋弁慶、盛況でした!

令和になってはじめての小雪まじりの寒い日にもかかわらず
多くの方々がお越しくださいました。


















舞台には素敵な装束を展示して雰囲気をつくりました。
目で見るBGMのような感じもいいものです...











突然、観世流シテ方の清水義也さんによる“高砂”からはじまり
能についてのお話です。謡、舞、囃子とお話をして最後は装束の
着付けの解説、面をつけての“羽衣”の舞と心あたたかいお話でした。



















そして、大蔵流狂言山本家(則重・凛太朗・則秀)皆さんによる
新春にふさわしい“末広”


















休憩を挟んで“橋弁慶”チラシの挿絵にまんが日本昔ばなしの池原昭治氏に
新たに書き下ろしていただいた弁慶と牛若丸















能のイメージを少し柔らかく...そして、ご子息の義久さんの登場です!











義也さんの弁慶は正に弁慶!力強く迫力があります!









いい2ショットです!





















2020年1月15日水曜日

3月14日は久良岐狂言会です

(父)善竹十郎・(兄)善竹富太郎・(弟)善竹大二郎の
大蔵流狂言善竹会の皆さん!

最近、乗りに乗っております富太郎さん!
楽しい会になりますよ〜
ぜひお越しください...


2020年1月8日水曜日

おめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます。
皆様が良い一年を過ごされることを心より願っております。

さて、今年の久良岐能舞台の方針は至ってシンプルです。
“お客様に喜んで頂く為に...”をモットーに業務を進めます。

今年も面白い企画をお知らせしていきます。
最初の提案はイベントを少しでも良く見られるように通常の椅子より
10cm高くした折りたたみ座椅子台11脚自分達で作りました。踏み台付きです。
おまけに5流の模様入りです。見台ではありませんよ!(笑)

このような事でも喜んで頂けるなら、新年早々GO!〜完成です。
新年のご挨拶が少し出遅れましたが、今年も進みます!

久良岐能舞台、よろしく願い申し上げます!

スタッフ一同

宝生流の模様入り!